ファクタリング活用術

ファクタリングとは?その意味やメリットをわかりやすくご紹介

Factoring Q&A

ファクタリングと割引手形との違い

投稿日:

手形割引とファクタリングの違い

売掛金を利用しての資金調達の方法には、手形割引というものもあります。

 

このこれまで一般に広く利用されてきた手形割引とこのファクタリングとはどう違うのでしょうか?

売掛金を実際の回収より前に現金化するという点で、同じに見えますが実はその性質はまったく違います。

ここではその違いについて明確にお伝えいたします。

 

ファクタリングと約束手形、割引手形とはどう違うの?

 

まず手形、約束手形そして手形割引について簡単におさらいしてみましょう。

たとえば、あなたの会社が取引先のA社に100万円で商品を納入しました。この時A社は3カ月後の〇日までに商品代金をお支払いいたします、という手形を発行します。これがいわゆる約束手形と呼ばれるもので、金融機関を通して発行されます。

そしてあなたの会社が支払いの期日に手形を持って金融機関に行くと、100万円の現金を手に入れることができます。これが一般の約束手形の考え方です。

 

しかしあなたの会社も3カ月も先でしか入金されないとなると、その間の資金繰りに困ります。そこで手形割引という方法を使って先に現金化をすることができます。

手形割引とは、その約束手形を銀行や手形割引業者のところへ持って行き、それを担保に現金化してもらう方法です。

その際、手形の100万円を額面通りにもらえる訳ではなく、割引されて支払われることになります。銀行などですと通常は3%程度になります。つまり100万円から3%割引かれた97万円を受け取ることができます。

 

手形を担保にして借入をするのが手形による資金調達

 

このようにして手形を発行しそれを担保に金融機関から先に現金を受け取ることにより、資金調達をし事業を回していく訳です。多くの企業がこのような方法で事業資金を用意しています。

ではこの売掛金を手形発行して、その手形を担保にして事業資金を調達するという方法とファクタリングはどのような違いがあるのでしょうか?

ファクタリングの優位性

 

売掛金を早期に現金化するという目的は同じで、やり方も似ているのですが、とても重要な違いがあります。そしてその違いがファクタリングの優位性とも言えます。

 

不渡りのリスクがない

 

ファクタリングは債権買取という考え方です。取引先A社の売掛金を債権としてファクタリング会社が買い取ったのです。つまり取引先A社の支払い義務はあなたの会社ではなく、ファクタリング会社に移行します。

これはもし期日までにA社がファクタリング会社に売掛金を支払えなかった場合、あるいは最悪倒産してしまった場合でも、あなたの会社には何ら責任がないということなのです。ファクタリング会社からあなたの会社に、A社がお金を払わなかったからお金を返せと言ってくることはないのです。

 

ファクタリング会社への支払い義務は、あなたから取引先に移る

 

一方約束手形はその手形を担保にした銀行とあなたの会社の間での融資契約になります。つまり、その手形を発行した取引先の倒産などにより、その担保の価値が消滅すれば、銀行側はあなたに融資したお金を返せと言ってくることになります。

ファクタリングは債権買取

たとえ取引先が倒産してもあなたに返済が迫られることはないのです。

しかし、手形割引は手形を担保にした融資契約です。つまり、取引先が倒産して手形に担保価値が消滅したら融資を引き上げられることになるんです。

これは本当に大きな違いですよね。そしてこれがファクタリングの優位性の一つと言えます。

さらにもう一つ大きな違いがあります。

 

審査の違い

 

手形割引による資金調達は審査自体も当然厳しくなります。手形割引は手形を担保にした融資契約だと説明しましたが、当然金融機関側はその手形が不渡りを出した場合に、融資したお金をあなたが支払えるかどうかが審査されます。

つまり経営状態が芳しくない赤字決算を出している、他の金融機関からも借り入れがあり債務超過があるなど、資金面や経営面をしっかり審査され、保証できるなら手形割引に応じるというスタンスなのです。

一方ファクタリング会社を利用した場合は、審査はあなたの会社や経営状態が重要な訳ではありません。むしろ売掛金(債権)の信頼性が審査されます。いうなればあなたの会社ではなく、売掛金の会社の信頼性がチェックされるということになります。ファクタリング会社からすれば、その買い取った売掛金(債権)がきっちり回収できるかどうかが重要なので、そこをしっかり審査する訳です。

 

手形割引はあなたの会社が審査される

ファクタリングは取引先の会社及び売掛金の信頼性がチェックされる

 

いかがでしたでしょうか?約束手形や手形割引とファクタリングとは、このような違いがあります。

手形を担保にして資金調達をすることができるなら、それで問題はないですが、新たな融資という形になりますからなかなか審査が通らないケースがあります。

それで緊急な場合などは、ファクタリングを活用して資金繰りをするという方法を検討する会社が増えてきています。

 

ファクタリングとは?その意味や仕組みをわかりやすく紹介 TOPページへ

-Factoring Q&A

Copyright© ファクタリング活用術 , 2018 All Rights Reserved.